猫のフィラリア予防をするならオールマイティーなアドボケート!

猫の方が危ない!

袋やブリスターに入った薬

フィラリア症と聞くと、犬がよく感染しやすい病気として有名だと思っている人も多いのではないでしょうか。実際に、フィラリア症に感染したケースは犬のほうが多く見られます。しかし、フィラリア症は犬だけではありません。犬だけではなく、猫もフィラリア症に罹る可能性は十分にあるのです。
犬よりも猫の方が感染する率はかなり低く、お医者さんも「感染している猫はあまり見たことが無い」というくらいに、猫への感染は稀なのかもしれません。しかし、一度感染してしまうと、犬よりも危険なのが猫です。フィラリア症は、体内で寄生虫が成長することで心臓や肺動脈などの臓器の機能を低下させ、命を奪っていきます。
症状などはあまり変わりませんが、猫は犬の臓器の3分の1だと言われています。そのため、犬の体内で寄生虫が1,2匹いても重症になっていなくても、猫の体内では寄生虫が1,2匹いるだけで重症になってしまうのです。臓器が小さい分、少ない数の寄生虫であっても命をおとしてしまう危険性があります。
フィラリア症にかかってしまうと、手術をして寄生虫を取り除く作業をしなければいけないのですが、手術をするための体力が残っているとは限りませんし、猫の手術はとても高い技術が必要になるので、手術をするのはとても困難です。フィラリア症にあまり感染しない猫ですが、一度感染してしまうととても危険です。
犬や猫をフィラリア症から守るためには、フィラリア予防薬を投与してあげましょう。購入する際には、アドボケートなら猫には猫用のアドボケートを、犬には犬用のアドボケートを投与するようにしましょう。また、投与する前には必ずフィラリア症に感染していないかの血液検査を受けましょう。
フィラリア症に既に感染していると、ショック症状を引き起こすなどのリスクがあります。安全に予防するためにも、フィラリア検査は必ず受けるようにしましょう!

どんな効果があるのか!

様々な錠剤

フィラリア症はフィラリア予防薬を投与することで確実に防ぐことができますが、医薬品がたくさんありすぎてどの医薬品を投与すればいいのか分からない人も多いでしょう。ここではオススメの医薬品を紹介していきます!

自宅から安く!

目立つオレンジの薬

アドボケートのようなフィラリア予防薬は要指示医薬品に指定されている為、動物病院で購入するしかありませんが、日本ではなく海外なら薬局で販売しているかもしれません。ここでは自宅から買える理由を教えます!

犬猫に合った薬を!

豊富な種類のブリスター

アドボケートなどのフィラリア予防薬は、個人輸入代行を利用すると誰でも自宅から購入することができますが、簡単に購入できるからこそ薬の選び方は大切です。ここでは薬の選び方について紹介していきます!

記事一覧

袋の中の薬 「猫のフィラリア予防をするならオールマイティーなアドボケート!」の記事一覧です。

↑ PAGE TOP